福岡の注文住宅会社 ヒロハウス ホームページへ

ギラギラ暑い太陽の熱をカット!アルミの力ではじき返す! ギラギラ暑い太陽の熱をカット!アルミの力ではじき返す!

福岡の住宅会社 株式会社ヒロハウスのサンバリアシート電気使用量福岡の住宅会社 株式会社ヒロハウスのサンバリアシート電気使用量

夏の建物はレンジの中

夏場の建物が得る熱量の80%は屋根からの太陽熱からといわれています。
実際に夏場の屋根は太陽の電磁波で振動・発熱し、50~70度位に上昇します。
この高温の屋根が、さらに家の中の壁、天井などに 輻射熱(2次的電磁波)を放射して、表面温度を上げていきます。
夏の夜、気温が35度から25度に下がった にも拘らず、暑く感じ寝苦しいのは、
この熱を持った壁・ 天井などから室内に向け放射熱が放射しているからです。
これからの住宅は、夏場の遮熱対策がキーポイント!  
屋根下、外壁、床下を、アルミ純度99% 反射率97%の遮熱材 『 サンバリアシート 』 で覆う事で、輻射熱を撥ね返します。

  • アルミ純度99%以上、反射率97%
  • 屋根・壁からの透過熱量を大幅カット
  • 抜群の費用対効果、空調費の削減に
  • 国交省の不燃材認定試験に合格

遮熱の家

『 遮熱の家 』は抜群の費用対効果

サンバリアシートは、輻射熱の遮熱により空調費の削減をもたらせます。
『 遮熱の家 』は、屋根・壁・床にサンバリアシートを施工する事により、電気代の節約効果が期待できます。

サンバリアシートの信頼性

遮熱材サンバリアシートの信頼性

サンバリアシートは、日本で商品設計をし、中国の 協力工場で生産されています。
中国国内の検査基準は当然のこと、日本において 検査を実施し、クリアしたものをお届けしております。
国交省の不燃材認定試験に合格している商品です。
硬質ウレタンフォームや発泡ポリスチレンなどの発泡系断熱材は、白蟻の被害を受けますが、
サンバリアシートは白蟻の被害をうけません。

グラスウールや発泡系断熱材では無理?

住まいの暑さ・寒さを防ぐため、以前より断熱材として、一般的にはグラスウール、高価な物ではネオマフォームを使用してきました。
さらに断熱効果を上げるため、厚みを変えたりなどして効果を期待してきました。
例えば、外気温が36℃と仮定します。
100㎜の発泡系材料は、1時間経過後計測すると、100㎜の中半分まで外気温の影響を受けています。
この時点では、最内側には外気温の影響を受けていないので、断熱効果があると言えますが、2時間後、或は、3時間後はどうでしょうか。
通常3時間後は、外気温36℃の熱は最内側まで到達します。
このような状況では、断熱材がある事さえ無意味な事です。
一度温まってしまった断熱材は、夕方外気が冷えた場合でも、なかなか元に戻らず、熱帯夜に拍車をかける事になってしまいます。
既存の断熱材は 『 熱伝播遅効型熱吸収材料 』 なのです。
確かに、薄い物より厚い物の方が、効果があると思いますが、何れにしても時間の問題です。
快適環境を得る事は難しいでしょう。
ヒロハウスがお勧めする『 遮熱の家 』ダブル工法は、グラスウールと遮熱材を組み合わせ、お互いの弱点をカバーしながら、それぞれの威力を発揮します。
ヒロハウスの『 遮熱の家 』は、暑さ・寒さを建物自体に溜め込みません。
ですから、一度部屋が暖かく・涼しくなったら、冷暖房機の稼働を止めてもその温かさ・涼しさが長時間持続します。
H様邸の室内外温度データが示しております様に、『 遮熱の家 』ダブル工法の効果は確実に現れます。

092-976-3839受付時間:9:00~17:00 休業日:日・祝

このページの上部へ